この流れの続き。

先週の土日でサーバー側をSSL化作業を終わらせて12月7日に無事再々申請しました。
今日12月12日にIn Reviewされて数時間後にRejectの通知が・・。
レビューまでの期間は6日なので平常運転ですね。 
 
リジェクトの理由はこれです。
14.3 - Apps that display user generated content must include a method for filtering objectionable material, a mechanism for users to flag offensive content, and the ability to block abusive users from the service.
ユーザー同士のコミュニケーション系のアプリは結構ハードル高いっすね。
規約作ったり色々対策してやっとリジェクト理由が1つになりました。

今日の対策はアプリの修正というよりも、レビューアピール用のメッセージ欄があるのでそこにアピールを書いただけです。内容は悪質なユーザーがいた場合のブロックする方法などの管理体制を説明しました。
日本語でw。

いやね、最初は英語で返していたんですよ。翻訳サイト駆使して。
でも過去に1度Appleからアプリについて電話で議論したことがあるんです。日本語で。Appleの日本語ができる担当者を出してくれたんですよ。
そりゃあんだけ資本のある会社だから、そんな人材もいるでしょう。

だから日本語で行けるじゃん。と思ったんですよ。
それ以来レビューのメッセージは日本語で出しています。でも回答は英語なんですよねw
英語できない奴が翻訳サイトで訳のわからん英文作るよりは、先方の優秀な人材を動かした方がいいでしょう?

結果は6日後。
Appleのクリスマス休暇(12月22~29日)が始まる22日までにアプリをリリースできなければ来年だね。