儲かる気がしないスマホアプリ開発日誌

脱サラと儲けるのが目的でスマホアプリを一人で寂しく開発しております。 主に開発ネタと愚痴を中心に日々の日記を書きます。

カテゴリ: アプリビジネス

前回 ウチのショボいアプリの収益モデルを紹介しました。
ええ、今のままでは儲かりません。

以下は、オレのアプリビジネス戦略です。

本腰入れてすごいアプリを開発してみる?
開発期間は最低半年はかかるよね。本業の傍ら開発するから実際はもっとかかるはず。
そのアプリが完成したらダウンロードされる?
広告打たなきゃ誰もアプリの存在を知らないから、簡単に作ったアプリと状況は変わんないんじゃない?
だったら簡単にできるアプリをいっぱい作った方が良くない?

1日10円稼ぐアプリを10本作ったら、1日100円稼ぐじゃない。
100本作ったら1000円だよ。
100本作ればどれか1本は小ヒットするかもしれない。
小ヒットしたアプリのヒットの法則を見つければ、改良して良いものに変えていけばいいはず。
そしたら中ヒットするかも。
100本アプリがあればダウンロードユーザーもそこそこいるから、自前の広告バナーで集客できるかもしれない。

いかがでしょう?
今漠然とこんなことを考えています。
実現できれば1日100円と言う今年の野望と言うか目標は達成できそうです。
100本は、、、体が持たないかな。笑

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

底辺ですが、ウチのアプリビジネスの収益モデルを紹介します。
これからアプリで稼ぎたい初心者の人は、もしかしたら参考になるかもしれません。 
すでにアプリビジネスを始めている方は、オレよりもはるかに稼いでいると思うので全く参考になりません。 

収益モデルは2つです。

◯有料アプリ 

有料アプリはどれくらい儲かるのか?
それを知りたくて3ヶ月くらいかけてツールアプリを開発しました。
1本100円でiOS、Android、Amazin Kindleの3つにリリースしました。リリースは約3年前。

・iOSは3ヶ月ごとに2000円くらいドイツ銀行から振り込みがあります。以前は3000円くらいでしたがやる気が無い為更新していないから下がっているます。月1000円満たない感じです。

・Androidはほとんとダウンロードされません。累計で3000円くらいでしょうか。でもこちらは途中で戦略を変えて無料版をリリースしてしまいした。無料版は広告を入れたので多少収益はあります。

・Amazon Kindleは全くダウンロードされません。規模が小さいからでしょう。Kindleアプリ立ち上げ時にすぐに始めたのですが鳴かず飛ばず。1度Amazonからオススメアプリに推薦されて無料ダウンロード扱いを試してみました。猛烈にダウンロード数が伸びましたがその後の収益には結びつかず放置状態です。


◯広告アプリ 

広告はクリック保証型のAdMobオンリーです。
ダウンロード数が多ければ成果報酬型のウォール広告を貼りたかったのですが、こちらは条件に満たずやりませんでした。
時代が変わり今や成果報酬型の広告は衰退してしまいましたね。

クリック保証型は収益は少ないですが、ダウンロード数が伸びてくれば収益は徐々に上がってくるので確実な方法だと思います。
ウチは当初1日0〜50円くらいから始まって、3年くらいかけて今は100円は確実に超えるようになりました。
AdMobは最低支払い額が8000円です。1日100円だと月3000円です。現金が振り込まれるのに3ヶ月かかります。
その為早く月8000円支払われるようにしたいと願っています。

どうでしょう?
夢がないでしょう?笑
それなりの技術を使ってアプリ開発しても収益はこんなもんです。
もちろん本業の傍らで本気になっていないと言う言い訳はできますが、 ブログを書いた方がまだマシかもしれませんね。

脱サラできるアプリ開発者は、オレから見ればものすごい才能のあるすごい人だと思います。

凡人はコツコツ積み上げて行くしかないのです。
 
このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック Share on Tumblr Clip to Evernote

↑このページのトップヘ